麻生太郎の妹は久子と信子。皇族一家の画像は?皇室の真実。



まさに、華麗なる一族。

今回は、麻生太郎の妹のお話。

名前を「久子」と勘違いしている方がおられるようですが、それは同じ妹でも、いわば義理の関係。

スポンサードリンク




麻生太郎と血がつながっている妹の名前は「信子」です。

「久子」というのは、高円宮妃久子のことでしょう。

WS000001

つまり、別人です。

 

WS000003

名前:寬仁親王妃信子
生年月日:1955年(昭和30年)4月9日
旦那:寬仁親王(通称:ヒゲの殿下)
学歴:聖心女子学院初等科、中等科⇒イギリスの花嫁学校ロスリンハウス・カレッジ
職歴:卒業後、松濤幼稚園の英語講師に。

日本赤十字社名誉副総裁のほか、社団法人東京慈恵会総裁、財団法人日本ばら会名誉総裁と、総裁職に就いている。

皇室関係図的に言えば、コチラの通りです。

WS000008

夫との馴れ初めは?

WS000004

1972年(昭和47年)2月、16歳の時に寬仁親王(当時26歳)から求婚されたが、当時はまだ高校生で若すぎるということもあり、8年後の1980年(昭和55年)4月18日の皇室会議を経て婚約して、同年の11月7日に結婚した。

残念ながら、親王は、2012年6月6日に、この世を去っています。
まだ66歳と早すぎたご逝去でした。

亡くなる直前まで、公務に励まれていたということで、日本国のために最後までご尽力していただいた方です。

夫婦仲の悪さを露呈するエピソード

信子さまは、’09年10月から病院と同じ千代田区にある旧宮内庁長官公邸で、お一人で生活されている。宮内庁関係者はこう話す。

「公式的には”赤坂御用地内にある寛仁親王邸で生活されると、ストレス性ぜんそくの再発のおそれがあるから”と、説明されています。

しかし、寛仁さまご自身が、夫婦関係がよくないことを認めていらっしゃいました……。

信子さまは’04年夏から、胃潰瘍と更年期障害のご療養ということで、軽井沢の別荘で長期のご静養に入られました。

それ以来、ほぼ8年にわたり寛仁さまとは実質的に”別居生活”を送られてきたのです」

もちろん彼女らは一般人ではないのですが、同じ人間であるということには変わりはなく、我々と同じように感情があり、それには逆らえないわけで、結婚生活のギクシャクは我々とそう変わりないのかもしれません。

ただ・・・

病室でのご臨終の際も、その後のお別れの儀式でも”ご夫婦の対面”は一度も実現しなかった。

とのことですから、思った以上に関係は悪かったのでしょう。

子供は?

翌1981年(昭和56年)12月20日に長女、「彬子」女王を出産して、

WS000005

1983年(昭和58年)10月25日に次女、「瑶子」女王の女子2人を出産した。

WS000006

姉妹の顔がそっくりですね。

どちらかと言えば、父親に似ています。

親子関係は良い?悪い?

「彬子さまと瑶子さまは、もともと”パパっ子”でした。それが、信子さまが親王邸を出て行かれた後、ますます父娘の絆が強まっていったのです。

お嬢さまたちからすれば、”病気のお父さまを置いて、家を出てしまうなんて”というお気持ちもあったようです。

信子さまは孤独感を強め、お嬢さまたちとも距離をとるようになってしまいました」

こうなってしまっては、血がつなっているとはいえ、もはや他人のような温度差。
まだまだ両者の溝を埋めるのは難しいでしょうか。


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Ninja Tools

コメントを残す