岩城晃一の宇宙旅行はいつ?費用はいくら?過去の前科とは?



俳優の岩城晃一さんについて

岩城さんといえば、俳優のほかにもレーサーとしても活躍されているベテラン俳優さん。

今回は、岩城晃一さんの噂をまとめていきます。

 

岩城晃一の前科は?

img_9

今では俳優やレーサーとして大成されている岩城さんですが、実は前科持ちあだったようです↓

1977年(昭和52年)7月29日に覚〇剤取締法違反、ならびに銃刀法違反(拳銃所持)で逮捕された。

 

逮捕理由は、前年1976年(昭和51年)12月17日に杉並区の友人宅で暴力団組員から買った覚〇剤0.02グラムを使用したため

 

その暴〇団組員と岩城は、安藤昇(元暴〇団出身者)が主宰する所属プロダクション「安藤企画」で知り合った。

 

取調べで岩城は、暴走族時代から付き合いのあったヤクザから、しばしば覚〇剤を入手していたと供述した。

 

逮捕により、ドラマ『あにき』(TBS)は降板となったが、判決からわずか5か月で、映画『俺達に墓はない』で復帰した。

 

岩城はその後の週刊誌のインタビューで、「シ〇ブを打って何が悪い」と豪語し反省するそぶりを見せなかった。

0-871

かなりヤンチャな過去ですね^ ^;

その後は、松田優作さんなどの影響もあり更生されて現在に至るようです。

 

 

宇宙旅行とは?

main

俳優、岩城滉一さんは20013年4月18日、日本人では芸能界初の宇宙旅行に挑戦することを発表し、記者会見を行った。

当時62歳にして日本の芸能人初の宇宙旅行に挑戦するということで話題になりました。

2014年4月には、岩城滉一さんは宇宙旅行に出発する予定でした。

きっかけは??

9d182503

岩城滉一さんは、民間人対象の宇宙飛行事業を展開しているオランダのSXC社と宇宙パイロット向けの腕時計を開発するLUMINOXの共同開発プロジェクトで宇宙旅行すると発表しています。

元々SXC社のスポンサーである米時計メーカー「ルミノクス」を愛用していることから、同メーカーの日本社長から宇宙旅行の誘いを受け、挑戦を決意したとのこと。

「一般の民間の人間は、もう無理かなあと思ってたけど、俺も『地球は青かった』って言いたいよね」と、ガガーリンの言葉を借りてその意気込みを語った。

岩城さんの腕時計好きは業界でも有名ですが、それが宇宙へ繋がるとは・・・

space_ld

長年L社の時計を愛用してきた岩城はこれまで、カーレースのF3000、アクロバット飛行、スキューバダイビングと陸・海・空を“制覇”してきた実績が認められ、今回の大役に起用された。

いろいろと挑戦された上での今回の宇宙旅行だったようです。

費用はいくら?

20130418-00000260-sph-000-0-view1

宇宙へ挑戦するには、9万5千ドル(約930万)の自己負担が必要とのことです。

かなり高額ですね。

岩城さんクラスの俳優になれば、払えない額ではないのでしょうが。

iktrkoz

「現在は、以前ほど豪快にバイクやスキューバに(お金を)つぎ込むこともなくなったようなので、大きな借金はないようですよ。

 

まあそれでも、1億円超えの車を『これ買っちゃう』の一声でポンポン買ってしまうような彼にとって、9万5000ドルは蚊がとまる程度の出費でしかないでしょう。岩城さんは、一般人とは完全に金銭感覚が違いますから」(関係者)

 

どんな宇宙船?

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-19

930万円の費用をかけて乗る宇宙船とは一体どんなものなんでしょうか??

岩城晃一が乗船するのは、「リンクス・マークⅠ」という宇宙船。

 

「リンクス・マークI」はアメリカの民間宇宙開発企業であるエックスコア・エアロスペース社(XCOR Aerospace)が開発している最初の機体。
ビジネスジェット機よりも小型な有人宇宙船で、パイロット1人と乗客1人の2人乗りである。

 

ロケットエンジンのみ搭載し、飛行機と同じように離陸した後、空中でロケットエンジンの出力を一気に上げ、高度約60kmを目指す。

一回の飛行時間はおよそ45分間で、大気圏再突入で最大4Gに達し、飛行機と同じように着陸する。

「リンクス・マークI」の飛行はサブオービタルである高度100kmの宇宙空間に達しないため、サブサブオービタルとも呼ばれている。

60kmまでのようです。

なので、宇宙旅行とは定義されない可能性もあるとのこと。

さらに、、、

「リンクス」の飛行開始時期は不透明だ。
「リンクス」によるサブサブオービタル飛行の発表は2008年3月だが、発表から5年以上が経過した今も試験飛行を開始していない。

飛行時期も不透明なようですね^ ^;

 

家族に遺言も?

imagescaiw3rnp

初めてトレーニング服に袖を通した岩城滉一は「本当に行くんだな」と実感。
来年3月には63歳になるが、「アクロバットでは10・5Gも体験しているし、体力面は心配していない。トレーニングなんてしないし、タバコも酒も止めない」と自信を見せた。

ここらへんは岩城さんらしいエピソードですね。

ちなみに、家族への遺言も準備しているとか。

家族には「万が一があった時には、俺は星になるから、お前たちのこと見てるから空を見てくれと言ってあります」と、相変わらずのダンディぶりを見せた。

可能性としてはありえますからね。

遺言を書くあたりも岩城さんの宇宙への意気込みも感じ取れます。

 

一体どんな訓練をしているの?

07398947

2013年8月下旬に、岩城滉一さんはオランダで宇宙飛行訓練を受けたと報告がありました。

トップガン、宇宙飛行士の方が実際に訪れる訓練所の機械を使用。

ジェット機に乗っての非常事態訓練、3次元にぐるぐると動くトレーニング、重力負荷の訓練を受けたことも明かした。

この訓練について岩城さんは

「俺がダメだったら、普通の人は何年間トレーニングしないといけないのよ」と自信をのぞかせた。

その後は・・・

「機体自体は、(現時点で)80%くらい出来ている」と明かし、関係者によると2014年の春に宇宙飛行する100人を集め、機体のお披露目会を実施するという。

宇宙旅行は延期

ds1_7246ld

2014年10月7日、岩城滉一さんから宇宙旅行の日程が決まらないと報告がありました。

機体が80%出来上がったという連絡があって、来年春に(完成)パーティーをする案内状は届いています。でも、いつ飛べるのかは分からない」

進捗(しんちょく)状況は聞いているが、戸惑っている。

とのこと。

さらに・・・

2015年4月9日に放送された読売テレビ『ダウンタウンDXDX~春の2時間スペシャル~』に出演された際に、「僕が行くって言ってから機体が3機落っこちているのね。しばらくはないんじゃないですかね」と墜落事故多発のため、延期になっていることを明かした。

downc800

司会の松本人志が「次に岩城さんが乗るってなったらどうしましょう?」と振ると、岩城は「次の次にしろ、この野郎!」と笑わせながらも、不安が強い様子で話している。

さすがの岩城さんでも、頻繁に墜落するような宇宙船には乗れないようですね^ ^;

b786d94cf956b8393ba257fd3d3e7d5a_13426

ちなみに、旅行費の930万円は支払いが完了しているとのことなので、宇宙旅行にはいつか行くという姿勢のようですが、先行きは不安定です。。。


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Ninja Tools

コメントを残す