麻生太郎の息子トヨタ?結婚と留学?妹は皇族の信子で画像?

   

第92代内閣総理大臣に就任されるも1年後には辞任してしまった麻生太郎さん

なんですが、今回は麻生さんのパーソナルな部分に注目していこうと思います。

息子について!

 

息子さんのお名前は『麻生将豊(まさひろ)さん』

画像はコチラ。握手されてる右の方ですね。

yam-aso1

 

爽やかですよね!父親の若い頃を彷彿とさせるイケメンなのではないでしょうか?

ちなみに麻生太郎さんの若い頃の画像。

yam-aso2

 

凛々しいですよね!ネットでも「イケメン!」と話題です。

スポンサードリンク

 

トヨタやドワンゴ?

yam-aso6

 

息子さんは何をされている方なのかというと、

将豊さんは麻生一族の地元である福岡県飯塚市で、「トヨタ自動車九州」に勤めている。

「社団法人飯塚青年会議所」の機関紙に登場した将豊氏は、「魅力・開発委員会」の委員長として、「まちの魅力を発信し、より多くの人がまちを訪れる事業を行なう」と決意を述べている。

 

とありますので、麻生さんのご出身である九州の福岡県飯塚市にある「トヨタ」で働かれているみたいですね!

 

ただそれ以前の経歴も凄くて、

大学を卒業後、「株式会社エクストーン」という会社で取締役をしているそうですが、この会社はニコニコ動画に関する市場調査、企画、開発、保守業務などを行なっています。

エクストーンは「ニワンゴ」という動画関連会社の開発・運営も行なっていました。「ドワンゴ」の子会社ですね。

 

yam-aso7

いきなり取締役ですからね~ただそれもそのはず。

「ドワンゴ」の取締役も、麻生太郎の甥である「麻生巌」という人でした。

麻生将豊はエクストーンの株主で、9600株近く所持しているとか。

 

ということで、親族が経営にタッチしている会社ですので、いきなり「取締役」ってことなんですね。そもそも「麻生家」というのは古くから続く名門なんです!

スポンサードリンク

「麻生家」は、治時代に飯塚市で始めた石炭採掘業を源流とし、現在ではセメント事業、専門学校運営、病院経営、医療廃棄物処理など幅広い分野の事業を手掛けていて、連結売上高は1400億円以上とのこと。

 

現在でも手広く事業経営をされているということで、物凄い名家であるということは理解できますね。

 

大学で留学?結婚?

 

息子さんの大学はどこなのか?ということですが、

慶應義塾幼稚舎から、そのまま慶應義塾大学(SFC)まで通ったそうです。大学時代、ミズーリ州のウィリアム・ジュエル・カレッジに留学もしています。

 

yam-aso3

幼稚舎から通われていたってことは、麻生太郎さんの息子さんは純粋な「慶応ボーイ」ということですね。留学もされているということで羨ましい限りです。

 

息子さんは結婚されてるのかどうかは調べてみましたが、不明でした。ただ“大きな影響力を持つ”親族の中にいらっしゃるわけですから、一般的な恋愛結婚をするというわけにもいかないのかもしれませんね~

 

 

妹について!

 

麻生太郎さんの妹さんは皇族のお方ということで名前は知られてますよね。

現在は『寛仁親王妃信子(ともひとしんのうひのぶこ)様』なわけですけど、旧名は麻生信子さんです。

 

皇室の“信子”で画像は?

 

妹さんの画像はコチラ。

yam-aso5

 

皇室のお方ですから華やかですね!

信子さまは、明治の元勲である大久保利通を親戚に持ち、九州財界を代表する名家に生まれ育った。

1980年11月に“ヒゲの殿下”と親しまれた故寛仁さまと結婚。
信子さまが16歳の時に寬仁親王(当時26歳)から求婚されましたが、当時はまだ高校生で若すぎるということもあり、8年後に結婚となりました。

当時「長年好意を寄せ続け寛仁さまが8年越しの恋を実らせた」と、熱愛ぶりが話題になったのです。

 

ただ寛仁さまと信子さまの仲は冷えたものだったという噂も。

寛仁さまご自身が、夫婦関係がよくないことを認めていらっしゃいました。

信子さまは2004年夏から、胃潰瘍と更年期障害のご療養ということで、軽井沢の別荘で長期のご静養に入られました。
それ以来、ほぼ8年にわたり寛仁さまとは実質的に“別居生活”を送られてきたのです。

宮内庁担当記者によれば、寛仁さまのご臨終の際も、その後のお別れの儀式でも“ご夫婦の対面”は一度も実現しなかったという。

 

信子さまには二人の娘さんがいらっしゃるようですが、どうか娘さん達とは良い仲であってほしいものです。

スポンサードリンク

 - 政治家

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.