家入レオ本名は稚奈?つり目で怖い?高校どこ?福岡か東京?

ドラマやCMなどでも楽曲提供実績が豊富な、シンガーソングライターの家入レオさん。彼女の本名と特徴的なつり目出身高校について情報を調べていこうと思います!

本名は?

ya-ie2

 

家入レオというのは、インパクトのある名前ですよね。

本名でもおかしくないようにも思えますが、調べてみると芸名でした。

本名非公開だそうですが、『家入稚奈(わかな)』と噂されています!

「レオ」の由来は、映画「レオン」が好きだからだそうです。

また事務所の社長から目がライオンに似ていると言われることから、「ジャングル大帝」の「レオ」ともかかっているという説もあります。

 

レオというと男っぽい感じを受けますが、稚奈とは女性的で、別人のように感じますね!本名で活動してても今くらいの人気は出ていたと思いますが。

 

また、映画『レオン』は、あのナタリー・ポートマンがまだ子供だったころに出演したというギャング映画で、ギャングの中年男と少女との絆を描いたという話題作ですね。

 

作中に登場する日常に閉塞感を抱く少女「マチルダ」に、家入さんは自分を重ね合わせていたのかもしれません。

 

 

つり目すぎて怖い?

ya-ie3

スポンサーリンク

 

さて、家入レオさんといえば、ルックスでは「目」が話題になりますね。

顔はやや童顔なのですが、特徴的な“つり目”で“目力”が凄いというギャップがファンには好評のようです!

 

中には「つり目すぎて怖い」という声もあるようですが、

目尻がつりあがった人は勝気という話もありますが、彼女からは強気な印象を感じますよね。

つり目でつり眉だからでしょうか?鼻筋や大きな耳も手伝ってそう感じるのかもしれません。

ホント「レオ」って名前がぴったりですね!

 

画像からも伝わってくるように、目の印象が強すぎるってことなのかもしれませんね~

 

 

高校はどこ?

ya-ie6

 

幼い頃からピアノを習っていて小学校時代は合唱部に所属する等、最初から彼女にとって音楽は人生だったようですね。

 

そんな家入レオさんはどこの高校に通われていたのか、気になるという人も多いようですので調べてみました!

スポンサーリンク

 

福岡か東京?

 

家入さんの出身高校は福岡か東京のどこ?ってことについてですが、

家入レオさんは、福岡県久留米市出身。しかし2011年春に上京。都内の高校を卒業しました。

『日出高等学校(ひのでこうとうがっこう)』
東京都目黒区目黒にある中高一貫教育校です。

当時の家入レオさんは16歳。高校2年生の時に、上京・転校したようそうで、この時は親の反対を押し切り上京したとのこと。半分は家出状態だったようです。

福岡にいた頃は、「福岡女学院高校」に通っていたという噂。

福岡女学院高校は、
女優の牧瀬里穂、歌手の広瀬香美、
HKT48の穴井千尋の出身高校。

 

ya-ie4

 

ちなみに日出高校の同級生には、ももクロのリーダー・レッドの百田夏菜子さんと女優の松岡茉優さんがいらっしゃるそうです。非常に豪華ですよね!

百田夏菜子が4月27日、女優の松岡茉優、家入レオと高校の同級生であることを、公式ブログで明かした。

フジテレビのトーク番組『ボクらの時代』に同級生の3人で出演。高校時代のエピソードや結婚観を語り合った。

百田は「まゆとレオちゃんとは実は同じ学校の同級生!こんな風に一緒に仕事するってなんか変な感じだったけど嬉しかったなっ」と喜びを綴っている。

また転校生で学校にとけ込めなかった松岡と家入は「ぼっち仲間だと思ってた」と一緒にお弁当を食べていたそうです。

 

転校して卒業したということですから、親側との和解があったのでしょうね。

経済的支援ゼロということは考え難いでしょうから。

 

ya-ie5

 

家入レオさんは過去について、このようにおっしゃっています。

私は小さい頃、両親と離れて親戚の家を転々としてた時期があるんです。

その後、両親とはまた一緒に暮らすようになったんですが、どこかお互い気を遣ってしまう部分があって。

そういう状況の中、当時はまだ子供だったので、自分は愛されていないんじゃないかって考え込むこともありました。

 

でも東京に来てから気付いたんです。

私は愛されていたし、私が相手を傷つける勇気を持って「なんで私を手放したの?」って言えてたら、両親も「そうじゃないんだよ。こういう理由があったから」と言ってくれたのかな、と。

一番いけなかったのは、親子なのにお互い気を遣いすぎてたことなんだなって。

 

現在では親子関係は回復し、いたって順調にいっているのだそうです。

 

ご両親にも色々と都合があったのでしょうけど、子供にとっては辛い時間であったことは間違いないですよね。今後も音楽活動、頑張っていってほしいです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.