伊藤裕子が劣化?死神くんの画像。老けた?バセドウ病か?

今回の記事は女優の伊藤裕子さん。ネットでは劣化老けたと言われていますがどうなのでしょうか?

は?

2013-06-13_213233

伊藤裕子さんは以前、お笑い芸人アンジャッシュ渡辺健さんと交際されていたことはご存じですか?

1jMwRpIysfp7sZr_15184

2004年にお笑い芸人であるアンジャッシュ渡辺健さんとバラエティー番組「メンB」の共演をきっかけに交際に発展しましたが、4年後の2008年12月に破局
ネット上で破局の理由は渡辺さんの浮気が原因ではないかと噂されていましたが、事実は違っているようで、本当は「多忙の末のすれ違い」なのだそうです。

残念ながら渡辺さんとは破局してしまいましたが、2011年に一般の会社員の方デキ婚されたみたいです。

旦那さんは一般人のため、名前は公表されていませんが、伊藤さん曰く、「松岡修造ばりに熱い男」なのだそうです。

2012年3月に女の子を出産された伊藤さんは、産休のため女優活動はしばらくされていませんでしたが、現在は復帰されています。

死神くんで劣化した?

ネットでは伊藤裕子 劣化、老けたなど、言われているようです。なかなか辛辣ですよね(苦笑

しかし伊藤さんは現在41歳、また、高齢出産もされています。

劣化したといわれても仕方ないのかもしれません。

また、劣化のほかに「死神くん」という言葉も同時に検索されているようなのです。
調べてみると、2014年のドラマ「死神くん」で中村絵里という役を演じていたことがわかりました。

スクリーンショット(2014-03-28 22.19.59)
せっかくなので伊藤さんが全盛期だったときの画像と、「死神くん」に出演されていたときの画像を見比べてみましょう。

スポンサーリンク

まずは全盛期から

スポンサーリンク

6369706ebd3b78226633db5f8271353d

そしてこちらが死神くんに出演されていた時です。

ce230028-s

確かに年相応な劣化はしているかもしれませんが、話題になるほどではない気がしますね。
ちなみに現在の画像は…

56edb46c5554b48eb8e9e1eefb1cf1e8

むむ、すこし浮腫んでいるきがしますね。
ネットではバセドウ病ではないかと言われています。

バセドウ病なのか?

バセドウ病またはバセドー病とは、甲状腺自己抗体によって甲状腺が瀰漫(びまん)性に腫大する自己免疫疾患のことです。

原因は、血液中にTSHレセプター抗体(TRAb)ができることです。

この抗体は、甲状腺の機能を調節している甲状腺刺激ホルモン(TSH)というホルモンの情報の受け手であるTSHレセプターに対する抗体です。
これが甲状腺を無制限に刺激するので、甲状腺ホルモンが過剰につくられて機能亢進症が起こります。
このTRAbができる原因はまだ詳細にはわかっていませんが、
甲状腺の病気は家族に同じ病気の人が多いことでもわかるように、遺伝的素因が関係しています。

甲状腺ホルモンが過剰になると全身の代謝が亢進するので、食欲が出てよく食べるのに体重が減り(高齢になると体重減少だけ)、暑がりになり、全身に汗をかくようになります。

精神的には興奮して活発になるわりにまとまりがなく、疲れやすくなり、動悸どうきを1日中感じるようになります。
手が震えて字が書きにくくなり、ひどくなると足や全身が震えるようになります。
イライラして怒りっぽくなり、排便の回数が増えます。
大きさに違いはありますが、ほとんどの症例で軟らかいびまん性の甲状腺腫こうじょうせんしゅが認められます。

バセドウ病では眼球が突出するとよくいわれますが、実際には5人に1人くらいです。

確かに現在の伊藤さんの画像は目が少し出ている気がします。
多分それが原因でバセドウ病ではないかと噂されているんでしょうね。
あくまでネット上の噂で本人が公表したわけではありませんが、可能性としてはあるのではないかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.