君島十和子の夫が病気?名前は?皮膚科医だった?娘は宝塚?次女は?

今回は、君島十和子さんについて

君島さんといえば、女優やモデルとして芸能界で活躍後君島明さんと結婚し芸能界を引退されました。

現在は、化粧品のプロデュースなど実業家としても活躍されています。

最近では、娘さんが宝塚音楽学校を卒業されるなど話題になることが多く
過去のスキャンダルなども注目されています。

君島十和子さんの気になる噂をまとめました!

旦那はだれ?

9十和子

君島十和子さんは、1995年12月11日に有名デザイナー君島一郎さんの息子である君島明さんと入籍を発表し芸能界を引退します。

その後、1997年に長女、2001年に次女を出産されています。

ちなみに現在は、君島明ではなく、君島誉幸と改名されています。

なぜ改名したのでしょうか?

改名の理由は?

夫妻

君島十和子の旦那さんである君島明は実に2回も改名しています。 
最初は君島一郎の愛人の息子として義親である君島の姓は与えられずに『佐藤明』でした。
それから吉川十和子と出会う前に『君島明』に改名し、現在では前述の『君島誉幸』に改名しました。

最終的に佐藤明の面影はありませんね^ ^;

改名の理由は、なんでも君島ファミリーのスキャンダルが原因のようです。
まずはこちら↓
1995年12月5日、女優の吉川十和子が婚外子の君島明が婚約した後に、マスコミが君島明が本妻の君島由希子の子ではないとスキャンダルを報じる。
さらに君島明と風〇関係の女との間に、認知した隠し子がいたのをマスコミがスクープし、各メディアのバッシングが始まる。
吉川十和子はそれでも君島明と結婚をするが、1996年7月14日、創始者である君島一郎が亡くなるとまた事件が起きる。
君島一郎の愛人と息子を名乗るものが現れ、君島一郎の本妻である息子の君島立洋と相続で対立することになる。
相続の結果、「君島インターナショナル」を君島明が引き継ぎ、君島立洋は本妻の由紀子ブランド「YUKIKO KIMIJIMA」を立ち上げるお家騒動になった。
このお家騒動をマスコミは連日報じ、君島ブランドのイメージが失墜し売上が激減、経営は一気に悪化し18年という期間で終焉を迎えた。 
つまり、君島明さんは本妻の子供でなく、君島ブランドの相続で揉めることとなった。
君島一郎さんの死後、 君島ブランドは君島明さんが相続したので、正式に君島明を名乗ったというわけですね。
その後、「明」から「誉明」に改名した理由は、度重なるスキャンダルで失墜したイメージ回復のためだったといわれています。
名前を変えると運気が上がることもありますよね。

旦那は元医師だった?

6十和子

スポンサーリンク

旦那である君島明さんは、結婚するまでは皮膚科医されていたそうです。
結婚と同時に引退されています。

スポンサーリンク

君島誉幸さんはファション界(君島ブランド)の後継者となる前までは皮膚科医だったらしいです。

後継者となりスッキリと医師はお辞めになられたそうです。

この時の経験が後々功を奏すことになりました。

というのも・・・・

結婚して、君島ブランド崩壊とまでいわれた事業を彼女自らがモデルとなって大人気になったFELICE TOWAKO

誉明さんの医師としての経験が、FELICE TOWAKO の化粧品開発に役だったそうです。

アドバイザーとして、十和子さんと事業を支えてるようですね!
職場も20年間一緒だそうで、二人の仲の良さが伺えます。

病気なの?

11十和子

最近になり、病気の噂が流れている旦那さん。

どういうことでしょうか?

調べたところ、激痩せが原因で病気が囁かれているそうですね。

真相は↓

美容に詳しい十和子さんのお勧めで10年かけて10キロ減量したみたいです。

写真を見る感じ、かなり変わりましたね。
病気の噂が流れるのも無理ないかと^ ^;

ただ、減量に成功されたということで病気ではなかったようです。

長女宝塚に合格?

a-19-300x191

君島さんには、娘が二人います。

長女が「優樹」さんという名前で、2014年に26.6倍の倍率を誇る 宝塚音楽学校に受験し合格されています。

そして、2016年3月1日に第102期の卒業式が行われ、宝塚での芸名も判明しました。

優樹さんの芸名は「蘭世恵翔らんぜ・けいと」タカラジェンヌにとって芸名はとても大切とされています。

音楽学校の2年生の夏休み明けに、生徒が希望する名前を第二希望まで学校に提出して、11月頃に決定されるのですが、1年生の頃から考え抜きます。

自分で考えたり、両親や恩師に名づけてもらうケースも多いそうです。

命名にはルールがあり、卒業生や上級生との同一名や紛らわしい名前はNG。

また、“品がない”と判断されたら却下されることもあるといいます。

憂樹さんの芸名は十和子さんがイヴルルド遙華さんに相談して名付けたそうです。

イヴルルドさん曰く、優樹さんの芸名は、トップスターに相応しい幸運を 引き寄せる画数で命名されているとのこと。

憂樹-327x400

今後の活躍が楽しみですね!

次女は?

o0401030610438437951

君島十和子さんの次女の名前は 幸季(みゆき)さん。

2001年に生まれているので、14歳。

2016年度には中学3年生でしょうか・・・

憂樹さんが父親似なら、幸季さんは母親似なのだとか。

きっと、十和子さんに似て美人なんでしょうね!

2016年現在、中学3年生とのことなので来年、次女の幸季さんも宝塚音楽学校を受験されることもあるのかもしれません。

新しい情報が入り次第更新していきます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.